読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモと戯言

個人的なメモ

イーオンに行くならWeb申し込みがお得だった

自分で勉強するだけだとモチベーションが保てないので英会話スクールの無料体験巡りをすることにしました。
まずは、検索でトップに出てきたというだけで選んだイーオン。
サイトで無料体験レッスンの予約。

イーオンを訪れると、丁寧だけどガッツリ作り笑いのスタッフ(日本人)に案内されて、小部屋へ。
お茶とお菓子が出されてテンション上がる。
ビスケットは美味しかったです♪
そしてお茶飲みながらアンケートに記入。
英会話の目的とか現在のレベルとか来校のきっかけとかetc
書き終わってもしばらく放置されて、パンフレットや宣伝本を見ながら時間を潰すこと約5分。

さっきとは違うスタッフさんが来て、アンケートをもとにヒアリングしつつ、オススメするコースを探ってる感じ。
軽くコース紹介がありました。

・グループレッスン(1クラス8名まで)
 実践的な場面のロールプレイなどを通して英語を学ぶ
ラウンドアップレッスン(1クラス5名まで)
 文法を丁寧に学びながら会話の練習をする
・プライベートレッスン
 テキストなど決められたプログラムはなく、生徒の持ち込み教材もOK

どのクラスも1レッスン50分(プライベートは40~60分)
グループレッスンとラウンドアップレッスンが、1クラスの人数だけでなく、教材の中身やレッスンの進め方が違い、目的に応じてコースを選ぶのが面白いなって思いました。

それから、ネイティブの体験レッスンへ。無料体験は15~20分くらい。
最初に自己紹介とか軽くチャットをしてから、実際の教材を用いたレッスンもあり。
途中でレベル合わせのために教材を変えたりして、短いながらも中身の詰まった内容でした。
最後に、レッスンの中で見えた得意/不得意スキルと強化ポイントのアドバイスで体験レッスン終了。

f:id:maco_mako:20170424210006j:plain

体験レッスン後は、レベルに応じた実際のテキストを見ながら、コースの詳しい紹介がありました。

テキストは、インプットとアウトプットが交互にバランスよく構成されていました。各UNITのポイントやキーになるフレーズは日本語の説明があり、分かりやすいけど英語漬けになりたい人には向かない感じ。
ただ、これは予習前提のレッスン構成だから自習しやすさ重視なのかな?と思いました。
レッスンで使うテキスト以外にもCDとワークブックの予習教材とセットになっていて、ちゃんと勉強したい人には向いてる感じ。週1回50分のレッスンだけで英語力が身に付くはずないものね(^_^;

最後は興味あるコースを選んでお見積もり。
Webで体験レッスンを申し込んだら、一部割り引きになった。
イーオンに通うことを考えてる人は、いきなり申し込まずに体験レッスンを受けてからスクールに行くといいと思う。


イーオンのスタッフさん曰く、イーオンは女性に人気、GABAやベルリッツは男性多めらしい。
そしてイーオンの女性人気は、石原さとみ効果とのこと。・・・スタッフさんの主観な気もしますが。
石原さとみは、4年前からイーオンの東京本校に通ってて、最初は全く話せなかったらしい。それが本当なら、頑張るだけの効果があるのかな?と思います。シン・ゴジラで披露した石原さとみの英語は叩かれてたけど、日本にいながら英語を勉強するだけであれだけ話せたら、それはそれで凄いのでは?と。

イーオンに限らないかもしれないけど、レッスンに通うのはモチベーション維持とペースメーカーで、どれだけ自分で勉強できるかが大切だなと改めて思いました。
そういう意味では、自習サポートが充実しているイーオンというのは、悪くない選択肢だと思います。
・・・と、ガッツリ洗脳されて帰ってきました。